日本の歴史公園100選

かもがた町家(まちや)公園

町家2棟、倉3棟を忠実に修復した江戸時代の歴史的建築物と伝統植物園を合わせもつ公園で、園内には圏内で最も古い築後300年以上を誇る町家(県重要文化財)が残っています。

この辺りは、江戸時代、岡山藩の支藩鴨方藩の中心地だったところで、公園の前を東西に結ぶ「旧鴨方往来」は、当時の藩の政治、経済はもとより、文化人の交流に欠かせない重要な街道でした。

本園は、この往来沿いに並ぶ江戸時代に築造された二棟の町家を初め、蔵、井戸、土塀、庭園等を修復した史跡ゾーンと、四季折々の古典植物が楽しめる伝統植物園や芝生広場、展望台のある景観ゾーンからなる面積約6,600平方メートルの歴史公園で、「日本の歴史公園100選」に選定されています。

「鴨方に過ぎたるものが三つある 拙斎、索我、宮の石橋」と昔からうたわれた里謡にあるように、近くには江戸中期の儒者西山拙斎や画家田中索我ゆかりの史跡や歴史の古い寺社、陣屋跡、鴨山城趾などがありこの公園を中心にゆっくりと散策することができます。


かもがた町家公園


干し柿作り


伝統植物園(春の七草)


しだれ梅

住所 浅口市鴨方町鴨方240
お問い合せ先 かもがた町家公園
電話 0865-45-8040
FAX 0865-44-6089
開園時間 9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎週月曜日、祝日の翌日など
駐車場
アクセス 国道2号線及びJR鴨方駅より北約2キロメートル
山陽自動車道鴨方I.Cより南約1キロメートル
ホームページ かもがた町家公園ホームページ
見頃時期 各種伝統植物・春秋の七草/
通年

大きな地図で見る

浅口市観光協会事務局(浅口市役所産業建設部産業振興課内)
〒719-0295 岡山県浅口市鴨方町六条院中3050 連絡先 電話(0865)44-9035